スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロッカーズ映画「SOME PEOPLE」 

SOME PEOPLE film cover

日本では意外と(ほとんど?)知られていない映画「SOME PEOPLE」はバイク、バンド、恋をテーマにした60年代のイギリス青春映画。つい先日紹介した映画「THE LEATHER BOYS」より1年前の1962年に作られました。私がこの映画に出会ったのはこれまた前回レポートした「ROCKERS REUNION」でのこと。ちょうど10年前のリユニオンにてこの映画が会場内のテレビモニターで流されていたのであります。

会場にいた友達のイギリス人ロッカーに「これって何ていう映画?」と聞くと「SOME PEOPLE」という答えが。それ以来ずーっと探していた映画だったけどなかなか手に入らず。HEMSBYのイベントに出店していたCD&ビデオ屋に聞いても何故かいつも売り切れ。そしてDVDが出回ってきたつい2年前やっと手に入れて見ることが出来ました。それ以来わたしのお気に入り映画です♪

映画の舞台はブリストル。主人公のジョニー(コテコテだな…)は仲間と3台でレース並みにバイクをぶっ飛ばしていたところ危険な事故を起こします。この後3人はこの事故について裁判を受けることになるのですが、結果は40ポンドの罰金に加え、1年間の運転禁止を命じられます。

バイクに乗れなくなって行き場を失ったジョニーたちは当てもなく街を彷徨い、とある教会に潜り込みます。そこでパイプオルガンでR&Rを奏でてふざけていると神父に見つかり(そりゃそーだ)追い出されそうに…。そこに寛大な教会の管理人(?)が現れ、ジョニーたちにここでバンド活動をしないかと場所を提供。そして次の日からバンド活動が始まりますが…。

主人公のジョニーと教会の管理人の娘アンは恋仲に…
Some People John and Anne

…と話の内容はここまでで伏せておくことにして、レザガ的この映画の見どころを紹介。

・「THE LEATHER BOYS」と違ってカラーでの映像がいい
・ユースクラブが登場し、どんなカンジだったか見れていい
・テッズ呼ばわりされてかなり怒ってるところがおもしろい
・BEEZA BILL(ビーザー・ビル=BSA・ビル)がかっこいい
・テーマ曲の「SOME PEOPLE」がちょっとムカつく(見た後耳から離れない)

もちろんこのほかにバイクやファッションは見もの。ビルが乗っている赤いバイク(なんだかは不明)にヒョウ柄シートやジョニーのバイクのカウルにトラの顔がペイントされてたり、ジョニーがしているガントレットには鋲が打ってあったり、なかなか芸が細かい。革ジャンはよく見ると合皮ジャケットだったり、またドンキージャケットに細身のジーンズ、とんがり靴(何ていう靴なのか私にはわからん…)姿なども当時のイギリスのファッションを身近に見れてポイント高し。

ジョニー・スチュワート著「ROCKERS!」のP47にこの映画の説明が出てるのでそちらも一緒に見てくださいな。
ということでみんなも機会があったら絶対見て欲しいレザガ超おすすめロッカーズ映画~!

そしてキャスト

Kenneth Moore (Mr. Smith)
Ray Brooks (Johnny)
Anneke Wills (Anne)
David Andrews (Bill)
Angela Douglas (Terry)
David Hemmigs (Bert)
Fannie Carby (Johnnie's Mum)
Harry H. Corbett (Johnnie's Dad)
Cyril Luckham (Magistrate)
Dean Webb (Mike)
スポンサーサイト

[2008/01/31 00:30] FILMS & BOOKS | トラックバック(-) | コメント(-)

The 25th ROCKERS REUNION 

RR Flyer

今年で記念すべき25回目を迎えた「ロッカーズ・リユニオン」。1984年に主催者のLEN PATERSONが60年代当時の仲間を集結させる目的で行われたのがこのリユニオンの始まり。まさにロッカーズ同窓会。それが20年以上もこうして続いているのはロッカー達の熱い思いに支えられて来たからこそだと思います。24年間…私の人生の半分以上、それを考えるとスゴイ。さらに1回目から今回まで全部参加しているというロッカーにも会いました。

私がロッカーとして目覚めたのがほんの12年前。現ROLLの馬場さんが書いたロッカーズに関する記事を雑誌で読み、ロッカーズ・リユニオンのことを知りました。そして1997年のリユニオンに日本から単身初参加。このころイギリスも1994年のエースカフェ・リユニオンに始まりロッカーズ最盛期で、会場内はロッカー・ジャケットを身にまとった人たちで溢れかえり、私は終始興奮しロカジャンの写真取りまくりでした。このときの模様はカスタム・バーニング誌にも記事を書かかせていただきました。

その翌年もロッカーズ・リユニオンに行った私ですが、なんとそこでアメリカン・チーム同士による殺人事件発生。それまでロンドンで行われていたロッカーズ・リユニオンはその後何年間か中止に。というか名前を変えてイベントが行われていたけど「ロッカーズ・リユニオン」がこのまま無くなってしまうのでは…という心配も。しかし2000年、ロッカーズ・リユニオンはロンドンから離れたレディングに場所を移し見事に復活したのであります。

ま、簡単な歴史はこれくらいにしておいて、あとは写真でお楽しみくださいませ。

まずはロッカーでない旦那TIMと…
RR Hiroko and Tim

1年半前のモーターサイクルショーで私に会ったというロッカー
これで会うのが3回目らしいが、どうも顔が覚えられないので写真を撮ることに。しかし名前を聞いたけどこれまたメモらなかったのですっかり忘れる。今度会ったら名前を書きとめよう。
RR Tri Rider

この日のロッカーズ・リユニオンのプログラム
午後5時から始まって8時間ロックンロール!
RR Program

昔に比べてロカ・ジャン率かなり減ってます。なかなか写真に撮りたい革ジャンに出会えません。
RR Still Rockin

と思ったらこんなおばちゃんの革ジャンも…。そして思わず写真撮る。す、スゴイね。
RR Lady in leather

ロンドンを中心にイギリスで活躍の大御所バンド「PAUL ANSELL'S NO.9」
RR No.9 stage

この日の目玉「JOHNNY POWERS」は上下革でキメて登場。
RR Johnny Powers

超パワフルなステージを披露してくれました。名前に負けてません!
RR Johnny Powers stage

ロッカーズ・リユニオンと言ったらクレイジー・キャバンとセットでこのDJ「WILD CAT PETE」!
さすがTOMMYの親父(!?)「It's gonna take magic」をかけたよ~
RR Wild Cat Pete

そしてこの曲でTIMとふたりでジャイブ!Photo by Terry。Thanks!
RR Hiroko Tim Jiving

最後のバンドの前に主催者がステージにて25回記念のごあいさつ。
リユニオン第一回目の思い出など語ってくれました。
RR Founders

そして最後のトリはもちろんこのバンド「CRAZY CAVAN and THE RHYTHM ROCKERS」!
RR CC audience

途中からステージは乱入者で盛り上がる!?
RR CC and audience on stage

ステージ前ももちのろん大盛り上がり♪
RR CC and a rocker

気が付けばレザガ注目のキャラ「ジャージー」もステージでシャウト!!
RR Jargie on stage

いつものお決まり。終わったあとはステージ前で記念撮影。
RR Hiroko

一緒に行った「MODE BY ROCKERS」HIROYUKI & YUMI
RR Hiroko and MBR

実はこの日のために日本に置き去りにしてきた私のロッカーズ・ジャケットを母親に送ってもらおうと思って電話してみたらなんと「捨てたよ」だって。頭の中が真っ白になった私だけど、何でも革ジャンの方もカビで真っ白になり捨ててしまったらしい。私の10年間のロッカーの歴史が消された思いだけど、くっついていたワッペン、バッジ、エッソガール達ははずしてくれたとのことでちょっとは救われた。これからまた新たなジャケットを作ろうと企んでます。そしてロッカーズ・リユニオンに負けないくらい歴史を刻んで行こうと心に誓うレザガです。

「ROCKERS REUNION」
http://www.rockersreunion.co.uk/
[2008/01/23 22:34] ROCKERS | トラックバック(-) | コメント(-)

タンナップ映画「THE LEATHER BOYS」 

久々に映画の紹介です。この記事実は1年前から下書きしてあってそのままになってましたが、ようやく書き上げて世に送り出します。記事ひとつ書くのにいろいろ調べたり結構時間がかかるんですよね…(言い訳)。

The Leather Boys DVD cover

「THE LEATHER BOYS」は日本のロッカーズにも知られているバイブル的存在の映画。マーロン・ブランドの「THE WILD ONE-暴れ者」も私たちだけじゃなくて当時のロッカーズのバイブル的映画には違いないけど、やっぱり私の崇拝する映画はこのイギリス映画「THE LEATHER BOYS」!私が名乗っているLEATHER GIRLの由来でもあります。この映画、ロッカーズ最盛期とも言える1963年に作られ、当時のエースカフェやタンナップ・ボーイズの映像が見れるとても貴重な映画。

とてもマイナーな映画なのでイギリスでも正式にビデオやDVDとしては残念ながら販売されていません。そのため日本語字幕はもちろん、英語の字幕が入ったビデオやDVDを入手するのは現時点では残念ながら不可能。でもこれは映像を見るだけでも充分楽しめる映画。しかもストーリーも結構わかりやすい。ただエンディングだけは10年間に渡って見ていてもイマイチ理解できなかった…しかもなぜそんなにホモ映画と言われるのかも。そしてようやく1年前、人に聞いてやっと謎が解けた…。

これはビデオのカバー。主人公RIGGIEが若嫁DOTと真剣そうに話すエースでのワンシーン。そして背後から見つめているのは…!
TheLeatherBoys3.jpg

主人公のバイカーで車修理工のREGGIEは学校を卒業したばかりの16歳のDOTと結婚する。しかし案の定若すぎる嫁はわがままで自分勝手。家事など一切せず、リッジはだんだん不満が募っていき…。という目に見えるストーリー展開だけど、エピソードごとには必ずバイクが登場。特にエースで出会ったPETEと2台でノースサーキュラーをぶっ飛ばすシーンやエジンバラ(スコットランド)までのレースの出発シーン(もちろんエースカフェ!)などは見どころ。

エースカフェにて握手を交わすRIGGIEとPETE
Leather Boys Film Ace Cafe

エースカフェの近くの橋に書かれているFERODOの文字は今も健在
The+Leather+Boys+-+North+Circular.jpg

エジンバラへのレースのスタートシーン
The+Leather+Boys+-+The+Ace+Cafe+4.jpg

エジンバラまでの途中、寄りを戻しそうな二人だが…。
Leather Boys Reggie and Dot

DVDもいろんなカバーがあります。コピーもいろいろ出てるってことで…。
TheLeatherBoys.jpg

キャスト(自分のメモ代わりとしてここに書きとめておきます)

Rita Tushingham (Dot)
Colin Campbell (Reggie)
Dudley Sutton (Pete)
Gladys Henson (Gran)
Avice Landone (Reggie's Mother)
Lockwood West (Reggie's Father)
Betty Marsden (Dot's Mother)
Johnny Briggs (Boy Friend)
Geoffrey Dunn (Mr. Lunnis)
[2008/01/19 01:01] FILMS & BOOKS | トラックバック(-) | コメント(-)

キックにまつわるエトセトラ 

最近小豆号のキックレバーにツイてないレザガです。新年の目標の一つに「今年はスタンドなしでキックスタートできるようになる!」と誓いを立てたばっかり。これは前から憧れていたことで、何故かというとこっちのレザーガール達は結構普通にスタンドなしで500ccや650ccのエンジンをかけちゃったりするんです。まさに男勝り。まぁみなさん背もあるし体格もあるのでパワフルなんですが…。それで私も今年からなるべくスタンドなしでエンジンをかけてみようと実行してます。

ま、見ての通り私のバイクのスタンドはかけるのに非常に重い訳で(バイク自体非常に重いんですが)、エンストしたときなどにそのまますぐにキックしてかけれると非常に便利な訳です。(エンジンがまだ暖まってないときによく止まる…だいたい信号待ちで青に変わっていざ発進って言うときに止まります。恥ずかしいし結局次の青信号まで待つ羽目に。) 
5T with stand caption

ここからツイてないお話。先週の金曜日、仕事が終わって帰ろうと思ったら雨が降ってました。ああ…。で、このときはスタンドかけたままでエンジンをかけようと思い切りキック!するとブーツが滑って跳ね返ってきたキックレバーと地面に思い切り着地した足がぶつかり弁慶の泣き所を直撃!ハンパじゃなく痛~いッ!!

もうキックできないんじゃないかと思うくらい痛くて死ぬ思いだったけど、これでは帰れない…と力を振り絞ってもう一度キ~ック!したらまた足が滑った~。そしてもう一度弁慶直撃!!ほんとに死ぬ~!!ってカンジ。まぁその後弱々しいキックを何回かして結局エンジンがかかって帰れたけど、私の右足はスゴい青アザに…。未だに痛い。

そして今日の出来事。仕事の帰りに今日はガソリンを入れようと私の大好きなスーパーTESCOのスタンドに行こうとしました。TESCOに行くからついでにお買い物…とバイクをお店の前に停めてまずはお買い物。ちょっと重いもの(2リットルのジュース)などを買ったのでシートにくくり付けて出発準備完了。で隣のガソリンスタンドに行こうと思ってこれまたスタンドかけたままキックをしたらエンジンは一発でかかったもののキックレバーが戻ってこない…。あら。

一瞬パニクり、手でレバーを戻そうとしたらエンジンストップ。あちゃー。こんな重いバイクは押しがけできない…と頭をよぎったが、まだ半分くらいまでスプリングが利いてるのでもう一度キック。で、かかった!でも今度は完全にレバーが振り切ったまま戻って来ず。応急処置でバンジーコードで固定しようと、私のターターン工具バッグの止め具となっているゴムひもを使用。もうガソリンスタンドどころじゃない…とそのまま家に直行。なんとか無事に帰れました。ふぅ。

5T with tool bag
工具バッグをはずしてバンジーコードを使用

5T with bungee rope 2
そしてこんなカンジ

そこから家まではほんの5分だけど、シートにくくり付けていた重いジュースが動きまくって、キックレバーよりもこの荷物に悩まされながら帰ってきました。明日の朝、エンジンかかりますように…。スタンドなしキックスタートが克服できたら今度は押しがけが出来るように練習しようかな。いや、これはかなりハードだな。

5T with bungee cord
動きまくったTESCOのお買い物袋

明日の心配はというと実はエンジンかかるかと言うよりお店までたどり着くだけのガソリンがあるかどうかだったりして…。
[2008/01/10 23:46] MOTORBIKES | トラックバック(-) | コメント(-)

お寿司巻き巻き♪ 

初めてお料理ネタです♪で、新カテゴリーにFOOD&COOKINGを追加しましたよん。イギリスでこんなもの食べてます…っていうレポートもしていこうと思ってるので今後もお楽しみに♪

イギリスでは新鮮なお魚が手に入らないため、お寿司やお刺身を食べる機会があんまりありません。ロンドンには日本食料品店が何件かあって、日本人向けに新鮮なお魚を扱ってるところもあるけどとにかく高~い!!そういうお高いお魚は駐在員などのリッチな人々には大人気だけど、私のような庶民には手が届きません(泣)。

庶民にもまだお手頃ろ価格で新鮮な魚が手に入るのがスーパーの「WAITOROSE」。昔、一緒に住んでいた日本人のフラットメイトがここのスーパーのお魚コーナーで買えば安くて新鮮ってことで、お寿司を作るときはここで購入。だいたいサーモン、マグロを買いますが、この日はサーモンがなかったのでマグロのみ購入。

Sushi fresh tuna
これで260グラム £4.50 (約1,000円也!)

これを日本食料品店で買ったら約2.5~3倍のお値段!!とても手が出ない。しかもこの日に買ったこのマグロ、キレイなピンク色でちょっとトロぽかったので一切れ切ってつまみ食い。ま、中トロってところかな。うーん、ウマいッ♪

Sushi table 1
この日のディナー2人分。うどんも作ったらスゴイ量に…。

Sushi uramaki
海外ならではのウラ巻。ツナ・アボカド・インサイドアウト・ロール

Sushi big plate
かっぱ巻、ネギトロ巻に加えてアボカド巻にスパイシー・ツナ巻

Sushi gunkan plate
マグロづくし♪中トロにぎりに中トロネギ軍艦巻とスパイシー・ツナ軍艦巻

スパイシー・ツナって言うのはやっぱり海外ならではのネタ。マグロにわさび、しょうゆ、七味唐辛子、マヨネーズ、とびこ(トビウオの卵)で味付けしてあって、外人に大人気。普通は巻き寿司だけど私はこの軍艦巻きが大好き。

なんでこんなに寿司が巻けるのかというと、前に働いていた日本食レストランで毎日巻き巻きしてました。そこを辞めてからはほとんど巻いてなかったけど、こないだ友達の家で新年会用に久々に巻いてみたら腕は落ちてなかった。久々に巻いて楽しかったので、日曜日にこうしてまた家で作ってみた次第です。
[2008/01/07 17:32] FOOD & COOKING | トラックバック(-) | コメント(-)

A Happy New Year 2008 

A Happy New Year!

イギリスは日本より9時間遅れて年が明けました。わたしは毎年恒例、ロッキンのイベントで年越し。10時に会場に着いてちょっと早めに帰るつもりが結局最後の朝6時まで居座ってしまった。8時間…考えたらスゴイ。

会場内のクリスマスツリーとあたし
20080101180413.jpg
こっちはクリスマスの飾りを1月6日にはずすのでまだまだクリスマス気分

今年は3バンドの演奏がありました
20080101180428.jpg
バンド演奏の直後カウントダウン!

で、年明けJIVERはCOTTON' PICKIN'で大盛り上がり♪
20080101181245.jpg

MORE JIVING!
20080101180439.jpg

家に着いたのが朝7時、直後即効眠りに着いて起きたら午後3時!
年越しそばならぬ年明けうどんを作って食べました。しかもカレーうどん、最高にウマい♪
20080101180450.jpg

それではみなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします♪
[2008/01/02 03:25] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。