スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

INDIANA JONES and the Kingdom of the Crystal Skull 

イギリスでは日本より1ヶ月ほど早く「インディ・ジョーンズ」の4作目「クリスタル・スカルの王国」が公開され、「インディ・ジョーンズ」映画ファンの私はさっそく見に行きました。公開前にテレビでこの映画が紹介されていて、マーロン・ブランド演ずる「THE WILD ONE」の主人公「ジョニー」にそっくりなキャラが登場するのを知り、とっても気になっていたのであります。

Indiana Jones Poster

映画の背景は1957年。いきなりELVIS PRESLEYの「HOUND DOG」とともに始まり、ホットロッドが登場で興奮。そして始まりから5分後にインディが登場し、話が展開していきます。

これは映画の前半のワンシーン。ガントレット(グローブ)が気になって仕方がなかった私。ヴィンテージものか映画用に特注ものなのか…と思いながらガントレットに釘付け(笑)。

Indiana Jones Guntlet

で、期待していたマーロン・ブランド(!?)登場。

Indiana Jones Bike

テレビの予告を見たときから気になっていたのが、ハンドル周りについているセル・スイッチらしきもの。よく見るとディスクブレーキのオイル(?)。ちょっとモダン・ルックなところがマイナス。この後、ワイルド・ワンなみのシーンが登場し、カフェの中は50'sルックの若者達と外にはバイクがズラリ。この中にもモダンなバイクが混じっていたような気がするけど、英車もトライアンフのワンテンらしきものも含め何台か並んでました。

この後は一転してストーリーの本題の冒険物語になりますが、最後のシーンで微笑ましかったのはこのマーロン・ブランド・キャラのマット(MUTT 役名)がスーツを着てもエンジニアを履いてるっていうところ。たぶん普通の人はあんまり気が付かないのでは…という小さなオチになってます。

というわけで、興味があったら一度は見て欲しい映画。見に行く前に前作を見ておさらいしておくとさらに楽しめます♪

「インディ・ジョーンズ」オフィシャル・サイト日本語版
http://www.indianajones.jp/top.html
スポンサーサイト

[2008/05/28 23:24] FILMS & BOOKS | トラックバック(-) | コメント(-)

ROCKERS REVIVAL 2008 

最近記録的な暑さが続いているイギリス。昨日のニュースでは観測史上一番暑い5月だって言っていた。おかげで土曜の夜に作ったカレーが月曜の朝には腐ってしまいかなりショック。日曜の夜にチェックしたときはまだ大丈夫だったので、次の日にでも冷凍しておこう…と思ったら手遅れ。日本のカレーだけにかなり損した気分だ(泣)。

そんな晴天続きの日曜日、ロンドンのはずれの南東部、KENT州で行われた「ROCKERS REVIVAL」ミーティングに参加した。会場はWEST KINGS DOWNという街にある「THE HORSE & GROOM」というパブ。A20沿いの「BRANDS HATCH」のサーキット場を超えたところにあるらしい。

これがイベントのチラシ。2種類あるがこれを2ヶ月前に初めて見たとき、悪いが私の方がもっといい絵描けるよ…と思った。しかも当日はこのデザイン(左側)のTシャツも売っててちょっとビビる(汗)。
R Revival Flyers

イベントは朝の10時から夕方4時までということで、12時くらいに着けばいいや…と、とりあえず家を10時過ぎに出発。今回は超久々のロンドン外へ一人ツーリング。しかも小豆号での単独は初めて。というわけでマイペースでのんびり行くことに。一応迷子になったら困るので「GREAT BRITAIN AZ」をかばんに入れた。

イギリス全土の地図「Great BritainAZ」と3代目の「London AZ」
GB AZ London AZ

とにかくチラシに地図もなく、A20沿いの「THE HORSE & GROOM」という情報しかないので本当に見つかるのかどうかちょっと不安だった。でも近くに行ったら他のロッカーズが走ってたりしてくっついて行けばいいや…と思っていたけどそんな気配まったくナシ。バイカーは通り過ぎるが、みんなBRANDS HATCHに行くらしい。あれ。

その後クラシックバイクを数台見かけたが、なぜか反対方向に走っていくし不安になるあたし。通り過ぎたのかも…とUターンして行ったり来たりしながら結局BRANDS HATCHにいたお巡りさんに場所を聞いて、ようやく見つかった。

パブのサインはだいたい名前の通りの絵が描かれている。
「HORSE & GROOM」馬と馬の世話人…。
Hose and Groom

会場はクラシックバイクだらけ!
R Revival Classic Bikes

さらにバイク
R Revival Bikes and Pub

別駐車場にもさらにレアなバイクたちも
R Revival more Bikes

蛍光ジャケットは勘弁だけど、もうずーっと前からこの蛍光たすきにちょっと憧れている私
ワックスコットンジャケットに合わせていいカンジ。
R Revival Classic Man

ロッカージャケット、ロングブーツにシーブートソックスで決めたカップル
R Revival Rocker Couple

彼女も私と同じく一人でイベントに参加しに来ていた。ROYAL ENFIELD乗りのJANIE
R Revival Jenie

BATTERSEA ROCKERSもJESUS STEVEも…
R Revival Battersea Rockers etc

バンド演奏も一応あり
R Revival Band

この日の最高気温27~28度。それでもやっぱり革パンにロングブーツ!
R Revival Leather Pants and Boots

会場を去るゴルディ・ロッカー
R Revival Goldie Rocker

2時過ぎになると会場を後にする人がチラホラ
R Revival Rockers leaving

そういう私も3時に会場を後に再び一人でロンドンに向かった。今回は片道30マイル(約50km)、天気も最高でなかなか楽しい一人ツーリングとなりました。

そしてなんと今回の会場からバイクで30秒くらいのところに「JOHNSON'S CAFE」の跡地があると聞き、写真を撮りに行った。建物はそのまま残っていて今は税金相談事務所になっている。
Johnsons Cafe

そして元JOHNSON'Sと小豆号
Johnsons cafe and 5T

昔のJOHNSON'S CAFEの写真と比較してみると面白い
MIKE'S PAGEより
johnsons cafe original

さらに彼のサイトに登場する「JOHNSON'S BOYS」も要チェック!
[2008/05/14 00:32] ROCKERS | トラックバック(-) | コメント(-)

SUMMER HAS COME ! Chelsea Potter 

イギリスには早くも夏の訪れが…先週末から一気に暖かくなって連日25度以上の夏日。日没も夜8時半なので9時近くまで明るい。もしかしたら一年で一番いい時期かも。

そして昨日の晩はすっごく久しぶりに木曜日の夜の"MEAN FUCKERS"バイクミーティングに参加。昔はISLINGTONにあるTHE QUEEN'S HEADに毎週集まってたけど、数年前にオーナーが変わってからバイカーが歓迎されず、現在の木曜ミーティングは毎回場所が変わるのです。

Chelsea Run bikes 2

今回集まったのは「CHELSEA POTTER」というパブ。80年代にはパンクの発祥の地と言われているKINGS ROADにあります。JOHNSON'S-La Rocka!も9年前まではここのすぐ近くにお店を構え、WORLD'S END-Vivien West Woodは未だ健在。この辺は今ではすっかり小洒落た地域になってます。

Chelsea Run bikes 1

北ロンドンからパブのある南へ、レディース・チーム3台、爆音立てて向かいました。SARAHの新型トラカスタムのスラクストン、JEANNINEのBSA B40、そしてあたしのTRIUMPH SPEED TWIN。途中でJEANNINEのB40のクラッチレバーがぐらついてきて調整。プラグもかぶって真っ黒になりポリッシュ。
Chelsea Run Sarah and Jeannine

なんだかんだ1時間近くかかって「CHELSEA POTTER」到着
Chelsea Run Hiroko and 5T

木曜ミーティングにはほとんど参加(?)
こっちではTOSH(トッシュ)の愛称でバイク仲間に親しまれてる小川くん
Chelsea Run Toshi

T100を仕上げて最近本格的に活動を始めたシンちゃん
Chelsea Run Shin

そしてシンちゃんのバイク
Chelsea Run Shins bike

シンちゃんいわく、このテールランプが自慢のとのことでパチリ。
実はTOSH作のオリジナル。ベルマークにも注目!
Chelsea Run Shin tail lamp

そしてTOSH作のこれまたスバらしい彫刻。
Chelsea Run Amaria bike carving

で、このバイクの持ち主AMARIA。実はこの日に納車。彼女はスペイン在住で、イギリスで納車、日曜日にスペインまで乗って帰るそうです。スゴッ。
Chelsea Run Amaria

パブの後はこれまたお楽しみのSOHO襲撃。ノース・ロンドン・チーム6台で「BAR ITARIA」(の前)へ。
SOHOに向けて気合の入った(?)NICK
Chelsea Run Nick and BMW

で、SOHOに到着
いつも一通の道を逆走で入ってBAR ITALIA前に行きますが、この日はパトカーが思いっきり止まっていたので、迂回していく羽目に。
Chelsea Run Bar Itaria bikes

バイクとBAR ITALIA、絵になります。
Chelsea Run Bar Itaria 5T

おまけでもう一枚。C15とBAR ITALIA。7年前だな…たぶん。
C15 and Bar Italia

最後に今回のランはちょいとトラブル続きだったJEANNINEのB40。みんなでヒューズをチェック!?
SOHOの帰りにはついにクラッチレバーのネジが飛んで行きました!
Chelsea Run Jeaninne and B40

[2008/05/10 01:04] MOTORBIKES | トラックバック(-) | コメント(-)

EAST FINCHLEY "I love N2" 

今回は初タウンガイド。北ロンドンの「EAST FINCHLEY」の御紹介。周辺の住民じゃない限りわざわざ行くところではないけど、私も昔ちょっとの間だけど住んでいたし、今も通勤路として毎日通過しているということでレザガイドしてみます。

これは2年前に撮った写真。浴衣姿で失礼します。
East Finchley station and Hiroko

「EAST FINCHLEY」は地下鉄の駅もあり、ノーザンラインのゾーン3にあります。駅前から北に延々と続く道路がHIGH ROADといい、途中MODE BY ROCKERS邸もございます。なのでたまに信号待ちの時に窓から覗いているHIROに手を振ってみたり…とそんな楽しみもあったり。でも現在帰国中のためそれがないのがちょいと淋しい。早く帰ってこーい!

地下鉄の駅もゾーン3くらいになると地上に上がります。EAST FINCHLEYの駅は特にキレイなアールデコの建物となっています。
East Finchley station 2

弓矢を持った男性の石像が美しい。
East Finchley station

ではここからお店の紹介。まずは駅前のイタリアンカフェ「GIULIANO'S」。ちょっと人との待ち合わせ時間つぶし&ランチを…と思い、たまたま入ったらこれが超おいしかった!即効レザガお気に入りリストに入りました。
IMG_0407.jpg

私が食べたのはシバタブレッドにトマト、モッツァレラチーズ、アボカド、ペスト(バジルなどのハーブ類をペースト状にしたもの)を挟んでプレス&こんがり焼き上げたトーストサンドイッチ…とでも言うのか。コレが最高!イタリアンカフェだけあって、ペストが最高の味を引き出していた!ただし決して安くはないのがちょっと痛い。

これで4.20ポンドくらい…日本円にして900円。紅茶と合わせて払った金額1100円也。
IMG_0390.jpg

続いて紹介するのは雑貨屋というのか…キッチン用品や日用品のセレクトがかわいいお店「AMY'S」。日本みたいなかわいい雑貨屋さんってのがあんまりないので、こういうお店に入るのが大好きな私。意外と何でも売ってる優れモノ屋さん。
IMG_0400.jpg

古本屋さん「BLACK GULL BOOKS」。この看板にノックアウト!なんともデザインが抜群。ハンドライティング。このセンスでオリジナルグッズ発売したらいいのに…と勝手に想像したり。
IMG_0393.jpg

ちょっと写真をクリックして拡大して見てください。
IMG_0394.jpg

街を歩いてて欠かせないのが「チャリティーショップ」巡り。チャリティーショップとはいわゆるリサイクルショップ。人々が要らないものを無料で持ってきて、お店で売れた売り上げはチャリティーとして使われるというもの。

だいたいひとつの街に数件あって、チャリティーショップを回ると結構掘り出し物に出会う。
IMG_0398.jpg

この日の掘り出し物、伊賀焼の「土鍋」。新品未使用で5ポンド也(約1000円)。これで鍋でもしたいところだけど、最近暖かいイギリス。冬まで待つか…。
IMG_0411.jpg

「EAST FINCHLEY」のサイトもチェック。オリジナルグッズ「I love N2」グッズもかわいい♪
http://www.east-finchley.com/
east-finchley-logo.jpg

[2008/05/05 17:08] TOWNS & SHOPS | トラックバック(-) | コメント(-)

Japanese Rockin' Friends 

こないだの日曜日は久々の「DINGWALLS」に行ってきました♪日曜日の午後2時から夜の10時までノンストップ・ロックンロール!
今回は日本人ロッキン・フレンズがたくさん(?これでもね…)集まったので写真なんぞ撮ってみました。

左から「ROCKABILLYマガジン」でおなじみ「KAYOの倫敦日記」を書いているロンドン・ロッキン番長のKAYOちゃん、B型ロッキン同盟会長(?)のあたし、DJ LADY KAMIKAZEとしても活躍しているTOMOKOちゃん、NORTHERN SOULも大好きのETSUちゃん。

IMG_0377.jpg

真ん中はお酒大好き♪AKIちゃん、この日はあんまり酔っ払ってなかったな…(笑)。ちなみにETSUちゃんの血液型は知らないけど、他全員B型。恐るべし!?

IMG_0388.jpg

お次は見るからに日本人ではありませんが、ついこないだ東京に遊びに行ったROCKABILLY GIRLのSALLYと一緒に。日本がとっても気に入ったそう。ホテルで居眠りして「WILD & FRANTIC」に行き損ねてしまったらしいが、もしいつか彼女を東京のクラブで見かけたらみなさまよろしく♪

IMG_0389.jpg

日本つながりで「CREAM SODA」のジャケット発見。たま~に日本製のギャバディーン・ジャケットは見かけたり。なんかいいジャケット着てるな…と思うと「DRY BONES」だったりね。

IMG_0381.jpg

この日はかなりの人が入ってJIVEも超混み込み。で、手前の男ども、なんだか怪しげ!

IMG_0379.jpg

ストロール♪

IMG_0387.jpg

再びJIVE…あれ、ローリンもJIVEしてます。

IMG_0375.jpg

いいカンジじゃないですか…ってこの女の人も強烈なキャラなんですが、実は。

IMG_0376.jpg

さらにフューチャリング・ローリン!汗かいたらしく着替えてます(笑)。

IMG_0380.jpg

ステージのイスにちょこんと座ってお疲れ気味のローリン。

IMG_0385.jpg

というわけで、こちらもお疲れ様でした♪
[2008/05/01 01:00] ROCK'N'ROLL | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。