スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SPEED TWIN BROKE DOWN 

先日タータン工具バッグが盗まれた矢先、なんとその工具バッグが雑誌に載ってるとMBR HIROYUKIから聞いた。ななななに~!するとこんなアップで…。うれしいやら悔しいやら複雑な気持ちでございます。

CLASSIC BIKE GUIDEの5月号
CBG Ace Cafe Article my helmet

そしてそのHIROYUKIもしっかり載っています。
CBG Ace Cafe Article Hiro

で、盗まれて以来工具なしでバイクに乗り続けていたら、土曜日の朝、出勤途中についに小豆号が止まってしまった。数日前からプラグが被り気味な音はしていたので、プラグをチェックしなきゃ…と思いつつもそのまま乗っていたら、ゆるやかな上り坂途中でもう登れない…とあきらめた。

工具はないのでもちろんプラグも外せない。止まる前にビクトリーでチェックしておくべきだった…と後悔。とりあえず店長のREXに電話してみるがもう家を出た後っぽく捕まらない。とりあえずTIMに電話してカー用品店でプラグとプラグレンチを買ってどこどこに来て~とパニクリながら電話。実は携帯の電池が切れる寸前。しかもプリペイド式の電話でお金もなくなる寸前。悪いことは重なります。しかもデジカメも持ち歩いてなかったので写真もナシ。

お店にも遅れると電話しなきゃいけないけど、電話すると確実に電池とお金が切れそうだったので、TIMにお店に電話してほしいのと自分がいる場所をテキストメッセージで送る。で、携帯のお金もコレで完全にゼロに。もう私からは全く連絡取れません。

ひたすら待つこと1時間。TIMが買えたのはプラグ1個のみ。さすがこの国の店は使えね~。プラグレンチ売ってなかったそうな。で、TIMの電話を借りてVICTORYに連絡、結局REXに替えのプラグとプラグレンチを持って来てもらうことに。停まったときに左のエキパイから白煙が出てた…と説明したら、なんだかヤバイ…と言われ、ビビりながら待つことに。

そしてREXの読みどおり問題はプラグではなかった。エンジンはかかるが左は全く死んでいる模様。片肺でお店までなんとかたどり着いたが、途中ダイナモとエンジンの付け根からオイルが噴出しまくり、それが白煙となって見た目恐ろしいことに。信号待ちでは通りすがる人々や周りの車、バイクにはは爆発するのでは…っていう目で見られるし、かなり恥ずかしかった。

結局2時間遅れて仕事に到着。VICTORYもそんなに忙しくなかったので、REXが早速小豆号のエンジンを開けてくれた。原因は左側のピストンリングが壊れていたのだ。さらにピストンにも傷が逝き、要ピストン交換。しばらく入院でございます。

5T pistons IMG_2898

5T pistons IMG_2895

2005年の暮れにイギリスに戻ってきて、小豆号を本格的に使いはじめたのがちょうど3年前。オイル漏れ漏れとクラッチケーブルが1回切れた以外は全くと言っていいほど問題がなく、実はタンクに乗かっていた工具バッグの出番と言えば、人のバイクが停まった時くらいだった。それくらいよく走る小豆号だったのだ。でもついにちょっと疲れちゃったみたいで、休養が必要だね…。

というわけで、この次の日の日曜日はCAPTAIN JAKEの後ろに乗って、シンちゃんが走るNORTH WEALDへ。この模様は次回。
NW May 09 IMG_2832
スポンサーサイト

[2009/05/14 22:39] MOTORBIKES | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。