スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BRITISH CHRISTMAS 

引き続きクリスマスネタです。日本ではクリスマスの次の日の26日になると一斉にお正月の飾りつけに変わりますが、イギリスではクリスマスデコレーションはクリスマスの日から12日後にはずすので、まだまだ街はクリスマス。今日はトラディショナルなイギリス式クリスマスをご紹介。

まずこっちに来て驚いたのが、クリスマスツリーが生のモミの木。もちろんプラスチックのツリーを使うお家もたくさんあるとは思いますが、12月に入ると道端で生のツリーが売り出されます。値段は大きさにもよりますが、1本25ポンドくらいかな。持って帰るのが大変そう。うちの会社のボスは車の屋根に積んで持って帰ってる途中で落としたことがあるそうな。
Xmas IMG_6892

うちの近所にある超期間限定の不思議なガーデンセンターでは毎年12月に入るとクリスマスツリーを売り出すが、歩道でチェーンソーをガンガンまわしているのでとても危険。
Xmas IMG_6750

生のツリーだけあってモミの木の独特の香りがし、北海道にあったおじいちゃんの家を思い出します。おじいちゃんの家の裏にたくさんモミの木があったので、この香りがするととても懐かしくなる私。

生のツリーat VICTORY。小鳥はニセモノ。
Xmas IMG_6869

次にクリスマスに食べるものと言えば、ケンタッキーフライドチキンではなくてローストターキー!ベジタリアンでなければターキーをまるごとオーブンで焼いて食べますよ~。
Xmas Turkey

ターキーはスライスしてローストポテト、茹で野菜。そしてグレービーソース、クランベリーソースでいただきます。この茹で野菜の一つの芽キャベツ、最初は苦手だったけど毎年食べるうちに味に慣れてしまった。
Xmas IMG_1717

これがなければクリスマスランチは始まらない…という大事なアイテム、クリスマスクラッカー。二人で引っ張り合ってクラッカーを鳴らします。
Xmas Crackers

中には何が入ってるかというと、紙で出来た王冠とほとんど使い物にならないプレゼント、そしてさらにくだらないなぞなぞが書いてある紙が入っている。
Xmas IMG_1718

この様に中に入ってる王冠をかぶってディナーをいただきます。会社のクリスマスディナーパーティーの写真より。初めてのときはみんなが王冠をかぶり出したのを見てビックリした私。
VOH Xmas IMG_5338

クリスマスディナーの締めはクリスマスプディング。見ての通りレーズン、ドライフルーツなどがぎっしり詰まったケーキ。
Finest Xmas Pudding

私のようにレーズンが苦手な人は食べれません。ケーキというよりレーズンを食べてるカンジ。お好みでクリームをかけて食べます。一緒にお皿に乗っているのはミンスパイ。
Xmas IMG_1719

で、これがミンスパイ。これにもレーズンぎっしり。
Finest Mince Pies

そんなわけでイギリスのクリスマスでした。
ではみなさまよいお年を!Wishing you all a very happy New Year!
スポンサーサイト

[2010/12/29 17:35] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

CHRISTMAS DAY 

Xmas Greeting Bike copy

半年振りにブログ復活。で、今日はもうクリスマス!イギリスのクリスマスは日本のお正月にあたり、家族で過ごします。日本のクリスマスというと恋人のためのイベント感が強く、クリスマス当日よりクリスマスイブに盛り上がってますが、こっちではクリスマスイブは家族の元に帰ったり、大事なクリスマスに備える日です。

イギリスではクリスマスイブの夜には交通機関が通常より減り、さらに早めに終わります。クリスマス当日は電車も地下鉄もバスも全てストップ。お店もごく一部のインド人などが経営してるニュースエージェント(日本で言うコンビニみたいなもの)以外は閉まってます。

なのでこっちでクリスマスに一緒に過ごす友達や家族がいないととても寂しい思いをします。電車は動いてないからどこにも行けないし、歩いて街に出れたとしてもお店も映画館も博物館もどこも開いてない。家でテレビやDVDを見るしかない…みたいな。

私がイギリスに住み始めて最初のクリスマスは何をしていいかさっぱりわからなかった。ちょうど日本から友達が遊びに来ていて、家にいてもすることもなかったし、とりあえずバイクで出かけることにした。クリスマスの日に教会に行く人意外は基本的に外に出ないので、まず道に人がいない、道路もガラガラ。いつもの車だらけ、人だらけのロンドンとは完全に別世界。

ロンドンで初めてのクリスマス。2000年12月25日PICADILLY CIRCUSにて。
普段はこんなところにバイク乗りつけられないし、さらにバックに人が写っていない!
Hiroko on C15 Xmas day

OXFORD STREETのイルミネーション。同じく2000年。
Oxford St. Xmas Deco

次の年はクリスマスイブの日に友達の家に遊びに行き、そこに泊まって次の日の朝バイクで帰ろうとしたら、確かガス欠でエンジンがかからなく、ガソリンスタンドまで押すハメに。スタンドはクリスマスでも開いていた。帰った後は一人でテレビ見る以外何にもすることなかったけど、ちょうど大好きな「TOY STORY 2」をやっててそれを見たのだけ覚えてるなぁ。

さらに次の年のクリスマスの日も友達のキミアキくん(HONDA CB550)と小川くん(HARLEY WL)と私(BSA C15)の3人でロンドン・バイク・ランをした。とにかく走りやすく、特に完全に死んでいるシティ(金融街)を走ったときにビルの間で響いてるバイクの爆音が最高…みたいな。

2003年12月25日。OXFORD STREETにあるデパートSELFRIDGEのショーウィンドウにて。
このときはちょうどACE CAFEのディスプレイで、このクリスマスの日以外にこんな写真を撮るのはほとんど不可能。っていうか確かこの写真を撮るために行った気がする。普段の日は人だらけなので。
Hiroko at Selfridge

そんなわけでロンドンの街中を走るならクリスマスがベスト!ま、今年みたいに雪がなければね…。日本でニュースを見た人もいると思うけど、先週イギリスが大雪に見舞われ、飛行機から電車、バスの交通機関が完全に麻痺して大変なことになってます。特にヒースロー空港の機能がほとんどストップで、クリスマスにイギリスに帰ってくる人、イギリスから国に帰る人に悪影響を与え、結局国に帰れなかった人が少なからずいると思う。本当に悪天候に対応できないイギリス…。

ではではHave a very merry Christmas!
[2010/12/25 01:02] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。