スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

59CLUB FRANCE 

私の職場は「VICTORY MOTORCYCLES」の2階に入っている「VIVIEN OF HOLLOWAY」という50'sのレプリカ洋服屋さんです。先々週の土曜日、デスクで仕事をしていると「○×△#$…×」と騒がしい音が下から聞こえてきました。フランス語が飛び交いながら、狭いVICTORYのガレージ内に10人以上は入って来た様子…一体何事か!?

さらに人が次々に入って来る音が聞こえ、2階にも進入して来たのです。男女含めワッペンやバッジをつけた革ジャンを着たロッカーらしき人たちがどんどこどんどこ「ボンジュ~ル!」と言いながらやって来て、その数約30名。ヒエーッ!まさに59CLUB FRANCE御一行ツアーと言ったカンジ。

59club France 1

フランス人は基本的に英語を話さないため、簡単な英語でも通じない場合がほとんど。このフランス人御一行も英語しゃべる人がほんの数人。英語で値段を聞くのもままならず、なんとか相手の英語を理解して、「15ポンド」とこれまた日本語なまりな英語で答えてもわかってくれず、紙に書いて見せる!みたいな。大変です。

59club France 2

フランス人ロッカーズ(?)はやっぱりお年を召してらして、スタイルも様々。コテコテなロッカーはこの30人の中にはほとんどいませんでした。それに比べて日本人ロッカーズはとーっても若くて革ジャンカスタムも「ROCKERS!」本をお手本に結構忠実だから、30人も集まって歩いてたらそれこそスゴイだろうな…と想像してしまった私。っていうかいつか日本人ロッカー30人集めてエースカフェ・ツアーにでも行ってマークを驚かせてみたいと密かに思うレザガです。

おまけの写真。VICTORY店内、客の6Tとあたしの5T。
6T  5T
スポンサーサイト

[2008/02/26 22:41] MOTORBIKES | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。