スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミシュラン・ビル 

Michelin Building

ロンドンにはいまだたくさんの古くて美しい建物がたくさんあります。その中でもひと際目を引くのがチェルシーにある「ミシュラン・ビル」。もちろんバイク乗りの私にとっては特別な想いがあるけれど、それを抜きにしてもこのビルはとにかく素晴らしい!!

「ミシュラン・ビル」の存在を知ったのはなんとまだ日本にいる時、15年位前のことである。友達が誕生日にくれた「猫の目から見たイギリスガイド」にこのビルのことが書かれていた。そこに紹介されていたのはイラストで、何年後かに実物をこの目で見たときはとっても感動した。

調べてみると1911年にミシュランの会社としてオープンし1985年に撤退。その後現在のオーナーにビルは買い取られ、2年後の1987年にはコンランショップ(ホームウェア&雑貨店)とオイスターバー・レストランとしてオープンし現在に至る。どちらもポッシュ(高級)で庶民にはあまり用のない店なのだ。

数ヶ月前に小豆号で近くを通りかかったので久しぶりにビルを見に寄ってみた。やっぱりいつ見ても感動する。きっとこのビルを毎日見ても飽きないと思う。ステンドグラスはもちろんのこと、店外・店内のライト、テーブルの柱なんかもビバンダムをモチーフにしているところがたまらない!!

Micheline Building table

ついでに初めてオイスターバーでお茶をしてきた。周りの人たちは生ガキを優雅に食べていたりしたが、庶民の私(たち)はあくまでお茶だけ。これまたティーカップにもビブ(しかも古いタイプ)が描かれていて感動。紅茶もなぜか一段とおいしく感じるのは私だけか…。

最後に支払いをするとレシートにもティーカップと同じ柄のビバンダムの絵がプリントされていてまたまた感動。他の客には見向きもされないレシートだとは思うが、こんなレシートも捨てられない私。もちろん大事にとってあります。(あれ…でもどこにしまったっけ…)暖かくなったらまたお茶しに行ってレシートもらってこよっと。

Micheline Building tea cup

「MICHELIN BUILDING」
81 Fulham Road, London, SW3
地下鉄SOUTH KENSINGTON駅から徒歩5分くらい

<MORE INFORMATION>
http://en.wikipedia.org/wiki/Michelin_House
スポンサーサイト

[2007/01/05 09:00] BUILDINGS | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。