スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モンブランにこだわる 

さてさて、日本滞在も残すところ1日。金曜日の朝には飛行機に乗って再びロンドンへ。今回滞在中に一番食べたのが「モンブラン」。前回のブログで私の栗好き(!?…というか天津甘栗好き)に気づいた人もいるかもしれませんが、実は今回の食べっぷりで栗好き…ということに自分でも気が付きました。

しかもこないだの日曜日、昔の仕事仲間と8年振りに会ったら、私がいっつも栗もらって食べてたって言うからちょっとビックリ。(栗だけにビックリ…すみません)。いやいや、そのとき中華街の一角で働いていたので、お昼にランチを食べに出ると、私が必ず甘栗の試食をもらいまくってたとのこと。自分ではあんまり覚えてないんだけど、やっぱり昔から変わってないのか…と実感するわたし。

それはさておき、まずは最初に食べたモンブラン。
コージーコーナーのちょっとお高めのモンブラン。安いのが売り切れてて買ってみたら、高いだけあってウマかった!

モンブラン1

お次は私の大好きなイタリアンレストラン、パッパパスタのイチゴのモンブラン。
イチゴ大好きだけど、これならやっぱり普通のモンブランを食べればよかった感が…。やっぱり栗じゃないとね。

モンブラン2

ジョナサンのチョコモンブラン。
これはちゃんと栗なんですが、チョコが強すぎて栗の味が消えてしまうところが残念。今回帰ってきて、ドリンクバーのお茶類が葉っぱになってることにも驚いた!

モンブラン3

最後は村上家が大好きなモンブランプリン、略して「モンプリ」。(…とウチでは勝手に呼んでいる。恥ずかしッ)。カラメルソース、プリン、生クリーム、そしてマロンクリーム、この組み合わせが絶妙。コレを考えた人はスゴイね

モンブラン4

あと、その日曜日にお邪魔した友達の家で抹茶モンブランをいただいたけど、写真撮るのを忘れた…。残念。

なぜこんなにモンブランを食べたのかと言うと、イギリスにはモンブランケーキが存在しないのです。なので自分で作らない限り食べれない。いや、ロンドンに1件だけモンブランを出す店があるらしいのですが、そこはなんと日本人の方が作ってるからだそうです。モンブランって一体どこの国のケーキなんざんしょ。

ちなみにコレもイギリスでは食べれません。私が日本でドーナツ屋に入ったらこれしか食べないっていうくらい大好きなオールドファッションのドーナツ。抹茶も好きなので抹茶味も買ってみました。

Mr. Dornuts Old Fashion

さて、明日もモンブランで食べ収めをしとこうかな…。そして天津甘栗を買ってこのように飛行機の中にお持込とか…。

天津甘栗

前回イギリスに渡ったとき、天津甘栗を買って飛行機の中で食べてました。そう思うと私ってそんなに栗好きだったのかと再び実感。
スポンサーサイト

[2008/04/16 18:21] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。